川島幸雄の生き生き60代

60代の方々に少しでも潤いを提供したいと思います。私の趣味のウォーキング、小旅行、音楽、映画、読書を通して。

上手くいった話より、上手くいかなかった話を聞こう

川北義則著「人生はすべて「逆」を行け」より、『成功した話より失敗談の方がためになる。』

そうですね、確かに。成功した話、つまり上手くいった話というのは、その方だからというのもあるし、その時のまわりの状況、タイミングなどすべてが都合よく重なって上手くいくということがあり、ご本人が語るほど簡単ではない場合がほとんでです。

でも失敗した話、つまり上手くいかなかった話には、見習うべき点が多いんじゃないでしょうか。

そこはこうすればよかった、こうしなければよかった、という反省をその方がしてくれているわけですからね。

だからといって成功するかどうかわかりませんが、失敗する確率は減るでしょうから。

要は成功する確率と失敗しない確率のどちらが高いかの問題ですね。