読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島幸雄の生き生き60代

60代の方々に少しでも潤いを提供したいと思います。私の趣味のウォーキング、小旅行、音楽、映画、読書を通して。

他人への感情は自分の心の反映

他人の言動が腹立たしく感じるときは、だいたいが自分に腹を立てているときだといいます。

要するに他人をどう思うか、他人がどう見えるかは、自分の感情次第ということです。

自分が楽しく、生き生きしているときは、他人に対しても寛大な心で接することができるので、他人の行為を許せたり、ほほえましく見えたりするのです。

ところが、自分がいらいらしていたり、上手くいかないことが続いていたりすると、他人の言動にもいらついたり、腹立たしくなり、つい他人に当たってしまったりしてしまうのです。

ですから自分に腹が立っているときは、じっとひとり感情が治まるまで待つことも肝要かもしれませんね。