読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島幸雄の生き生き60代

60代の方々に少しでも潤いを提供したいと思います。私の趣味のウォーキング、小旅行、音楽、映画、読書を通して。

人に迷惑をかける代わりに自分も迷惑を受け入れる

人に迷惑をかけてはいけない。とよく言われる。

でも迷惑の度合いにもよるだろうが、全く人に迷惑をかけず、どう人と関わっていけるのだろうか?

例えば自分が迷惑をかけないようにと思っていても、相手が迷惑と感じることがある。

迷惑というのも感じる相手によってさまざまだからだ。

具体的になにが迷惑という定義があるわけではない。

もちろん暴力や暴言、悪口、侮辱など悪いこと、いけないこととはっきりしていることは別だ。

しかし、飲みに誘うとか、助言をすることなどは受け取る相手によって、歓迎されることもあり、やはり迷惑だといわれることもある。

だからここはお互いさま、ということで、人間人と全く関わりを持たずに生きていくことはできないわけだから、自分も迷惑をかけます、でもあなたの迷惑も受け入れます。という気構えで人と接するのがよいのでは。

(川北義則著「人生はすべて「逆」を行け」より)