読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島幸雄の生き生き60代

60代の方々に少しでも潤いを提供したいと思います。私の趣味のウォーキング、小旅行、音楽、映画、読書を通して。

人生には目標が必要というが果たして本当か

人生には目標が必要で、それに向かって日々努力を重ね、精進し、ひたすらに突き進んで、ライバルも打ち負かし、頂点に立つ!

よく耳にする人生訓のようだが、はたしてこれでいいのでしょうか?

目標を決めて、それに向かって努力し、まい進する。ということは、逆にその人の他の無限の可能性を封印してしまうことにもなる。という話です。

人は一生懸命目標に向かって努力し、達成できればそこに満足とそれなりに得るものがあると信じ込まされています。

しかし、それは本当にその方が目指したものだったのでしょうか?

目標というものは、たった一つではなく、もっと柔軟に変幻自在なものであった方が、その人の可能性を十分生かすことになるのです。

そのためにはその日その時まで蓄積した知識や経験をいつでも捨てることができる、ゼロにすることができることが大切です。

常にゼロベース。そうすると不思議とできないことはなにもない。という状態になります。