読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島幸雄の生き生き60代

60代の方々に少しでも潤いを提供したいと思います。私の趣味のウォーキング、小旅行、音楽、映画、読書を通して。

熟年バンド結成か?

私の住む埼玉県羽生市には、30年前にレコードを出していたプロ歌手がいる。最近その方たちと知り合いになることができた。この方たちは「あかてん」というグループ名で当時はけっこう注目されていたとのこと。特に「あかてん」の前身である「がむがむ」というグループの時は、アリスが前座に出ていたというからすごい。このメンバーの一人の方の弟さんは現役ドラマーでスターダストレビューのメンバーである。

さて私も音楽は大好きである。聴くのも好きだがやはり自分で弾き語る方が良い。

私が人前でギターの弾き語りをしたのは、小学校4年生くらいの時であった。

裏のお姉さんがギターを弾いているのを見て、「うわーっ、すごい!」と思ったのがきっかけで、すぐ親にギターを買ってもらい、すぐ弾き始めた。

そして持前のずうずうしさで、数ヶ月後にはクラス皆の前で弾き語りをしていた。

それから私の音楽人生は始まる。

中学でバンドを組んだが、パートは鼓笛隊に入ったのがきっかけではじめたドラム。

高校ではブラスバンドに入りクラリネットをはじめたが、性に合わずすぐ退部。

大学でまたバンドを結成し、ドラムを担当するが、根っから人づきあいが下手で、すぐ脱退。

結局自分でギターを弾きながら作詞作曲もした。結構身内には受けたようだ。

でも音楽で生きていくような気概もチャレンジ精神もなく、普通のサラリーマンになった。(つづく)