川島幸雄の生き生き60代

60代の方々に少しでも潤いを提供したいと思います。私の趣味のウォーキング、小旅行、音楽、映画、読書を通して。

53歳の無謀な独立物語(行政書士)

2008年10月、世の中は原油高による世界的な資源高とアメリカのサブプライムローン破たんに端を発した株安による世界恐慌状態。リーマンブラザーズの経営破たん、金融安定化法案の不成立でアメリカの株は1日で500ドル以上暴落する日が続いている。日本、イギリスはもちろん中国、香港そして新興国の株式市場まで大幅な下落。日本の株式市場もついに日経平均が4年半ぶりに一時1万円を割ってしまうという事態になった。当然企業業績の悪化も必至でまたまたリストラの嵐がやってくる!会社に残れても給料の大幅ダウンは免れない。そうなれば家計もとことん切り詰めなくてはならない。

さてこのように世の中が長い世界不況の入り口にさしかかった時に、53歳の男が無謀にも独立、開業をした。

しかも行政書士という「法律家国家資格の中では一番食えない資格」と裏に表に囁かれる士業で。

そして同じ市内に20人近い同業の先輩先生方がいらっしゃる中、誰一人独立した事務所をもたず自宅を事務所と兼用で業務をおこなっているという状態の士業で、この男は事務所まで開設してしまったのである。

実はすでにこの男、長年勤めた人材派遣会社が吸収合併されたため、役員を退任し、流れるまま営業代行で独立して一年半が経過していた。

もう組織というしがらみで上に下に気を使いながら毎日10時間以上会社にしばられるという生活にほとほと疲れてしまった。正直20年以上こういう生活を続けてきたが、おそらく心から充実していると感じた日は1日とてなかったような気がする。

さて時は遡り2007年2月1日、独立したこの日より無収入状態三か月、月収10万円が三か月続く。まだ高校生、中学生、そして小学校にあがったばかりの子供たちが三人もいるのにである。

特に夜寝るとき、3番目の息子の寝顔を見るたび、この子を飢え死にさせてはならない、という父親としての使命感と、明け方には「このまま低収入、あるいは無収入状態がずっと続いてしまうのか!!」という不安と情けなさでかっと目がされる日々が続いていく。

でも退職金が出たんだろうって??

そう、出た。でも車二台買って、八割方消えた。それくらいの金額だ。

義理の母親からはばかだ、あほだとののしられたようだ。(直接は聞いていない)

後先考えず、もしかしたらもらえなかった退職金なのだと考えたら、「えーい、使っちまえ!!って思ってしまった。後悔先に立たずだが、本来は自分の年齢と体力を考えればもうまともな仕事ができないのは自明の理なので、この虎の子のような退職金は家族のため、今後の生活のために大事に大事に使っていくべきなのだ。

なのに、なのにこの男は。