川島幸雄の生き生き60代

60代の方々に少しでも潤いを提供したいと思います。私の趣味のウォーキング、小旅行、音楽、映画、読書を通して。

生涯添い遂げる夫婦とは

私は行政書士という士業ですが、その中で離婚協議書作成という業務があります。 そしてこの協議書を作成するためには、当然離婚する夫婦の話がまとまっていなければなりません。 でもこの話がなかなかまとまらないのです。離婚する夫婦ですから、もう感情的…

人に期待するということ

人に期待すると裏切られたときの落胆が怖い。だからいっそのこと期待などしない方がいい。 その方が人間関係も上手くいく。という人がいます。 これはすごくむずかしい問題ですね。 期待するから人間関係が生まれるのであって、期待し合わないのなら、人間同…

他人への感情は自分の心の反映

他人の言動が腹立たしく感じるときは、だいたいが自分に腹を立てているときだといいます。 要するに他人をどう思うか、他人がどう見えるかは、自分の感情次第ということです。 自分が楽しく、生き生きしているときは、他人に対しても寛大な心で接することが…

人に迷惑をかける代わりに自分も迷惑を受け入れる

人に迷惑をかけてはいけない。とよく言われる。 でも迷惑の度合いにもよるだろうが、全く人に迷惑をかけずに、どう人と関わっていけるのだろうか? 例えば自分が迷惑をかけないようにと思っていても、相手が迷惑と感じることがある。 迷惑というものも感じる…

初心忘れるべからず

初心忘れるべからず、とか初心に帰るとか言う。 これはどういうことかというと、人はあることを始めてしばらく経ち、ベテランと言われる域になると、それが当たり前で既成概念というものを持ってしまう。要するに経験がものを言い、経験がすべてを判断し、さ…

上手くいった話より、上手くいかなかった話を聞こう

川北義則著「人生はすべて「逆」を行け」より、『成功した話より失敗談の方がためになる。』 そうですね、確かに。成功した話、つまり上手くいった話というのは、その方だからというのもあるし、その時のまわりの状況、タイミングなどすべてが都合よく重なっ…